魔道絵札戦記

アクセスカウンタ

zoom RSS 現環境に対する対策

<<   作成日時 : 2005/09/04 03:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

最近この時間しかレポ書いてない・・・
そんなこと置いといて前回和睦を入れると良いと思った理由を自分なりに述べたいと思います。

現環境でよく見るであろうデッキは大抵の人は多少集めれば作れるアンデットデッキ、現在最強かもしれないガジェットの2つだろうと思います。
和睦の使者は戦闘によるモンスターの破壊とダメージを防ぎ、異次元の戦士は戦闘時に確実にアドが取れます。
まずガジェットに対して、ガジェットは主に除去カードを使うデッキです。
しかし除去に隠れて強力な仕込み刀が用意されています。
それは攻撃力の変化系カードです。
主に突進、収縮、リミッター解除の3つがあります。
攻撃力を変える事により場アドだけでなくライフアドも取られてしまう事があります。
そしてそれだけで飽き足らず残りのガジェットが突っ込んでくる事を考えると命がもつかは本当に危険です。
しかし和睦の使者が有ればダメージも場も被害を無くせます。
ですが威嚇する咆哮でも代用が効きそうに見えます。
しかし突進などは速攻魔法なので攻撃時にカウンターとして使われます。
そのためダメージなどを打ち消す和睦の使者の強さは咆哮を上回ると考えられます。
地味に投入されたデビフラからサイバーツイン等が現れても対処がしやすくなる所も目が離せません。
しかし長引けば新兵器貪欲な壷を使いガジェにしつこく攻撃をされます。
そんな時には異次元の戦士です。
女戦士なき今(一応無い訳ではないが)ガジェットを除外出来る異次元は十分役に立ちます。
サイバー系の除去と考えてもなかなか役に立ちます。

続いてアンデットは、大きめなモンスターが現れて戦闘ダメージに加えて効果で自軍を蝕みます。
そんな際も和睦の使者です。
和睦の使者でダメージを入れさせなければ効果は発動されませんし破壊カードだとダメージを与えにいき易くなりますが同時に戦闘破壊で本当の意味で退治出来なくなります。
異次元の戦士は復活するヴァンパイアロードを除外出来ます。
それならアサイラントも出来ますが異次元の戦士故にピラミッドタートルや死霊の駆除が出来、小回りが聞く存在でしょう。

このように両方とも流行のデッキの対策が出来ます。
一応和睦はガジェに対して、異次元はアンデットに対して特に有効なのでサイドに両方入れて場合によって使い分けるのが良いと思います。
もちろん両方でも全然良いのですが…

以上現環境についての対策でした。
良ければ批判等を書いて頂きたいです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
《和睦の使者》では速攻魔法に対応できるとは思えません。
攻撃力を変化させる速攻魔法はダメージステップで発動するのが常道です。
そして、和睦はダメージステップでは発動できません。
ですから、速攻魔法を使われたから和睦で守る、という使い方はできません。

《異次元の戦士》はガジェットに有効とは思えません。
ステータスの低いガジェット相手に1:1交換しかできないようなモンスターでは、そのあとがじり貧になると思います。
《貪欲な壺》対策ということですが、ガジェットにも《貪欲な壺》は必要ないという結論が出ているようです。
http://kiblog.seesaa.net/article/6529587.html
アンデットデッキ相手であれば《異次元の戦士》はよいチョイスだと思いますが。

あとこれは個人的な考えですが、《サイバー・ドラゴン》よりも攻撃力が低い《ヴァンパイア・ロード》をメインとしたアンデットデッキは微妙なように思えます。
和睦で戦闘破壊を防ごうとしてもそれは一時的なものであり、根本的な対策にはなりにくいと考えています。
テレポ
2005/09/04 13:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
現環境に対する対策 魔道絵札戦記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる